フィルム写真を一歩先へ。日常を中判フィルムカメラで撮ってみませんか

スマートフォンに搭載されているカメラの成長に伴い、写真を撮るという行為に特化したデジタルカメラというものは影を潜めていきましたがそれでもなお、スマートフォンでは撮れないような写真を撮れるデジタル一眼カメラは人気を博している昨今。スペックの進化を遂げてはいますがその写りは非常にシャープすぎてどこか現実的。そんな中でレトロに注目が集まり、逆に新しいとして最近人気を盛り返しているのが「フィルムカメラ」です

フィルムカメラとして代表的なのが富士フイルムから出ている「写ルンです」が有名ですが、フィルム人気によって写ルンですだけではなく下の写真のNikon F3のような35mmフィルムカメラが非常に人気になっています。

日々の生活をフィルムで収めたいという方も多く、今や男性だけではなく女性もこのRollei35のようなコンパクトで見た目もいいというフィルムカメラが非常に人気で、ライフスタイルの延長線上にフィルムカメラがあるという認識に変わりつつあるのかもしれません。

35mmフィルムは24枚、または36枚撮りとほぼ無限に等しいデジタルカメラに比べれば撮れる枚数は少ないですがそれでもフィルムならではの雰囲気を持つ写真が比較的多い枚数が撮れるので35mmフィルムカメラが人気なのだと思うのですが、35mmフィルムカメラには解像感/立体感が少しばかり欠けるという印象も否めません。

日々の生活をより良い解像感、空気感で撮りたいけれどフィルムの写りは大切にしたいと思っている35mmフィルムカメラユーザーの方々も多いのではないでしょうか。

そこで私がおススメしたいのが「中判フィルムカメラ」です。

中判フィルムカメラとは

「中判フィルムカメラ」とは35mmフィルムカメラよりも大きなフィルムカメラの総称で、35mmフィルムに比べて6×4.5で2.7倍、6×6で3.5倍、6×7で4.4倍とサイズが大きく異なります。ここで書いている通り、中判フィルムには3つのサイズがあり自分の好みに合わせてフォーマットを選ぶことができるので自由度の幅が広いです。

35mmフィルムからレベルアップしたいのであればまずおススメなのが645判。35mm版と似ている横長の写真が撮れ、中判の中では比較的多い15枚撮影が可能です。その写りは35mmをそのままバージョンアップさせたような高画質とディテールを楽しむことができます。

また、中判フィルムカメラはフィルムバックというフィルムを入れる場所が着脱可能なものがついているカメラが多く、6×4.5や6×6などフィルムのサイズを好きにチェンジすることも可能です。ただし、35mmカメラに比べると比較的高価で大きめなカメラが多いのも特徴です。

中判フィルムカメラに憧れる方にはこうした二眼カメラを見て、興味を持った方も多いのではないでしょうか。上蓋を開けることによって上からファインダーを覗ける点や、6×6という真四角な写真、コンパクトで可愛らしい外見など中判ならではの写真を楽しめるのも魅力です。

中判カメラを使えばこの上ない日々の生活を撮れることは間違いないです。ただ、どんな写真になるのかわからない部分もあるでしょうからこの3つのフィルムを使った作例でご紹介いたします。

Ektar 100

高級ブローニー(中判)フィルムの代表格であるKodak Ektar100ですが高いコントラストと美しい緑が特徴的なフィルムです。ISO100ということで昼間の撮影や固定した撮影に限るなど制限はありますが一度は試してほしい高彩度なフィルムです。

PRO400H

販売終了が発表された富士フイルムのPRO400Hですがフィルムらしい写りと言われて一番最初に思い出すのがこのフィルムです。元々海外向けに販売したフィルムが逆輸入で日本で発売されることとなったわけですが、その青がアクア寄りになったような柔らかな発色とトーンによって根強い人気を持つフィルムです。

既に販売終了が発表されてはいますが、まだ入手は可能なので本当に無くなってしまう前に試してみるのは如何でしょうか

Portra 400

最後におススメするのはKodakの超人気フィルムPortra400です。青、緑、白がベストバランスでマッチしてISO400という丁度良さもあり、どんなシチュエーションでもフィットするフィルムで私も一番好みなフィルムです。特に海辺などに友人と撮るにはベストと言えますので日常使いにおススメします。

良いコト、悪いコト

35mmフィルムと比べてメリットデメリットを書いていこうと思います。

良いコト

  • 解像感/立体感が高い
  • 様々な大きさのフィルムを選べる
  • ファインダーを変えられるカメラも多い

悪いコト

  • カメラ/フィルム共に比較的高価
  • 撮れる枚数が少ない
  • カメラ本体が大きい

こういったメリットとデメリットがありますので、撮れる枚数は減るけれどより良い写真を望むのであれば中判フィルムカメラをおススメします。また、カメラが大きいとはいっても扱えないレベルではないので日常を撮るにしても気後れする必要はないです。気負わず沢山撮りましょう

日常をフィルムで

ライフスタイルの延長線上にフィルムというものを追加してみませんか。初めは35mmから始めても物足りなくなったら中判に来ればいいですし日々の記録というものは美しく、後々に愛しくなってくるかもしれません。

その時に残るのが高画質なものか、否か。小さなことですがこれ以上ない大切なことでもあります。レトロが高くなって手が出せなくなる前に、是非。

The following two tabs change content below.
Ezogeek
Photograpark管理人 FUJIFILM X-T2 / X100V
Ezogeek
写真コミュニティ「DopeZineLab」
現在250名以上参加中です! 詳細を見る

関連記事一覧