第5世代移動通信システム時代に突入。5Gがフォトグラファーに与える影響とは

こんにちは、Ken Tanahashiです。

あなたは5Gをご存知だろうか?いよいよ今年2020年から5Gサービスが開始される。日々ニュースで話題になっているので5Gという言葉自体を聞いたことはあると思う。5Gになると通信速度は4Gの最大100倍近くの速度になり遅延がほぼなくなると言われている。具体的にいうと2時間の映画が3秒でダウンロードできるようになるという。恐るべき速さだ。

今回は5Gとは何か?調べたことをできるだけ分かりやすくまとめた。そして今後5Gがフォトグラファーに与える影響について考察してみる。

5Gとは

5Gとは5th Generationの略で、第5世代移動通信システムと呼ばれるスマートフォンなどの通信に用いられる次世代通信規格のひとつである。5Gの具体的な特徴の紹介の前に簡単に1Gから4Gまでおさらいしてみましょう。

1Gではアナログ式で通話専用の携帯電話が誕生した。
2Gではデジタル方式になりメールやネットサービスが利用可能に。
3Gでは高速データ通信が可能になりPCと同じ程度のインターネット環境を実現した。iPhone3Gが登場し本格的なスマホ時代へ。
4Gでは超高速データ通信が可能に。スマホで高画質な映像視聴も可能になった。

その後クラウドサービスが始まり、最近ではIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)が世間を賑わせている。そしていよいよ5G時代へ突入する。

5Gで注目される3つのキーワード

5Gのキーワードは
・高速大容量
・超低遅延
・多数同時接続
である。

高速大容量

1つ目の特長は最大で20Gbps(理論値)の通信速度を実現する超高速で大容量な通信だ。5Gは4Gと比べて、最大100倍もの送信速度になると言われている。

少し具体例をお話しする。
近年通信されるデータで大きな割合を占めているのは動画コンテンツである。
YouTube(ユーチューブ)やNetflix(ネットフリックス)などのサービスは私たちの生活に浸透しつつある。5G時代にはその流れがより一層加速すると言われている。先に2時間の映画を3秒でダウンロードできるようになる話をしたが、高速化されるのはアップロードも同じだ。アップロードの通信も高速化されるため、利用者がより気軽に動画コンテンツをアップロードできるようになる時代がくる。

超低遅延

低遅延とはすなわち通信のリアルタイム性が高まることである。5Gでは移動通信の遅延が0.001秒以下と限りなく少ない。例えばLINEやSkypeなどのビデオ通話や、リアルタイムライブ配信でも遅延が出にくくなると予想される。しかし低遅延という言葉から、動画を視聴する際の遅れがかなり改善されると想像してしまうが実はそうでもないらしい。動画の読み込みの遅延は通信速度ではなく、通信先のサーバーでの処理時間に起因することが場合も多いので、全ての処理の遅延が解決されるわではない。

多数同時接続

同一エリア内で同時に大量の端末が通信できるようになる。特長は1k平米あたり100万個のノードを接続してと問題なく通信できる。5Gでは端末のアクセス可能台数を4Gの100倍にする。4Gでは、最大で150億台程度の携帯電話接続が限界となる計算だが、5Gでは単純計算で1500兆台のノードを収容できる計算になる。
具体的にはこれまでは自宅でPCやスマホなどせいぜい数個程度の接続だったものが、100個程度の機器を同時にネットに接続することができるようになる。

世間が誤解している5Gの実用化時期


2020年から5Gサービスが始まるが開始時点で完全なサービスではない。
先日ソフトバンクはサービス開始3年以内に5G通信エリアを拡大して全国をカバーすると宣言した。しかし裏を返せば全国に対応するには最低でも3年程度かかるということである。我々が5Gの恩恵を受けるに3~5年ほど先になりそうだ。

動画の時代がくる?

TikTokやYouTubeの流行を見ればわかるように既に動画の時代に突入している。何か調べ物をするときにGoogle検索ではなくYouTubeで検索することも増えたはずだ。Googleの上位検索結果にもYouTubeのコンテンツが当然のように食い込むようになった。

5Gの時代になれば今後は益々テキストベースの情報から動画ベースの情報へと変化していく。時代の流れに乗るためには今から動画制作に関する学習を始めた方が良いだろう。

5Gがフォトグラファーに与える影響とは

さていよいよ我々フォトグラファーに5Gがどう影響していくのか考えてみる。
ここからは想像の話なので冗談半分で聞いてほしい。

データのやりとりが楽に?

まず高速大容量のキーワードからデータのやりとりが圧倒的に楽になると予想できる。今後は間違いなくクラウドが伸びていく。例えばカメラがIot(モノのインターネット)化することによって、カメラとインターネットがつながり、撮影したデータはクラウド上に転送され、タブレットやスマホで確認、又はAIが最適な写真を選別しクライアントに自動で納品される。ということも可能になる。撮って出しデータの納品なら十分考えられそうだ。

リアルタイム性向上で遠隔操作で撮影が可能に?

写真の撮影は難しいかもしれないが、もしかしたらドローンを遠隔で操作できるようになるかもしれないという妄想をしている。日本にいながら世界中の絶景が撮影可能になる。もちろんデータは即クラウド上に保存され確認可能に。とてもワクワクする。

8K動画からの写真の切り出し

高速通信のおかげで8K動画も当たり前になっていくだろう。
8K動画を撮ってそこからクラウド経由でPCに高速転送して、静止画は動画から切り出すなんてことが可能になるかもしれない。静止画の切り出しもAIが、自動で現像して、伸びそうな写真をSNSにアップするところまで自動でやってほしい(笑)

まとめ

いかがだっただろうか、近い将来5G技術による革新的なアイディアで様々な商品やサービスが誕生する。今後5Gの影響によってカメラや写真にどのような影響を与えるのかとても楽しみである。

The following two tabs change content below.
Ken Tanahashi
Photographer & CG designer / note→http://note.mu/kt12345
Ken Tanahashi
写真コミュニティ「DopeZineLab」
現在200名以上参加中です!
交流と成長をするならこちらから!

関連記事一覧