GRⅢを4名のフォトグラファーがレビュー

今回はRICOH様よりGRⅢをお借りして、ランダムに選出されたDopeZineLabメンバー4名に使ってもらいました。

最終的にそれぞれ毛色の違う写真が上がって来たので、GRⅢはジャンルを問わず、優れたポテンシャルを発揮してくれるカメラだと改めて感じる企画となりました。

沢山の作例を交えつつ、メリットやデメリットを好きなように語ってもらったので、これまでに見たことの無い意見もあるかと思います。

是非、楽しみながら見ていただけると幸いです。

コナミ・サルポア

コナミ・サルポア 写真を撮る女子大生(20)|淡色写真と日常風景|海と月が好き|身近にある景色を作品に|

私自身スナップ写真を主に撮ることもあり、GRの様な小型カメラはとても気になっていたので、今回使用できてとても嬉しかったです。今回はGRを1ヶ月間使った感想をお伝えいたします!

GRを使って感じた4つのメリット

私が実際に使用してみて感じたGRのメリットは主に以下の4つです。

①見た目 
②軽さ 
③写り 
④クロップ機能

①見た目

GRを使用して良いと感じた1つ目のポイントは見た目です。なんといってもGRは全体が黒色でとても格好良いのです…!見た目が格好良いため、当初の頃はスナップしつつずっと眺めていました笑。マットな質感の黒基調のボディでシンプルなので、どの様な服装でも似合うカメラだと言えるでしょう。

②軽さ

GRの利点といえばなんといっても軽いことが挙げられるでしょう。実際にGRlllの重さは257g程度で、私が今使用しているカメラは本体だけで650g程あるので非常に軽いですね。

スナップ写真を撮る人にとっては鞄やポケットからサッと取り出せる小さなサイズ感は良いですよね。逃したくない瞬間など様々な場面で素早く対応できると感じました。写真を撮る上で軽さは正義ですね…!!

③写り

正直GRって小さなカメラだしそんなに写り良くないんじゃないの?と思っていました。しかし、GRは申し分ない写りなのです!

綺麗に背景をぼかすこともでき、夜の暗い場面でもしっかりと綺麗に写し出してくれます。このサイズ感でこの写りか…と感動しました。

④クロップ機能

GRにはクロップ機能があり、通常の画角(換算28mm)では広いと感じる際には35mmもしくは50mmにクロップすることができます。私は普段中望遠レンズを使用しているため、28mmの画角が難しく感じましたが、クロップ機能を使うことで50mmの画角で撮影することができました。

このクロップ機能のおかげでいつも通りの画角に近い状態で写真を撮ることができ、GRのカメラに素早く適応する事ができました。

GRで気になったポイント

GRのデメリットはレンズが固定で、レンズを付け替えできない事だと感じました。特に私は普段中望遠レンズで部分的に切り抜いて撮影する事が多いのでクローズアップしたい…という場面が多々ありました。

まとめ

私が感じたGRのメリットは、①見た目が格好良い、②非常に軽い、③写りが良い、④クロップ機能があるという主に4つです。

GRのデメリットは、レンズを付け替える事ができないという事だと感じました。しかし、このデメリットもある程度はクロップ機能で対応する事ができるでしょう。

Kento Kubota

Kento Kubota 写真を撮る人(20) / Snapshot & Portrait / リアリズムを追っています / Japan🇯🇵,Akita👹

ずっとゴツめの一眼レフ機を使っていたので、初めてのハイエンドコンデジの便利さに衝撃を受けました。

カメラバック不要、ポケットに入れていくだけで良いということで、『ちょっとそこまで…』という用事に、歩いていこうかなと思わせてくれる、そんなカメラでした。

使ってみてわかったコンパクトカメラの利点

またスナップで人物を撮ることが多いのですが、とても小さいのでカメラを意識させることなく、非常に自然な表情を捉えることができました。

例えば、農家のおじいちゃんとおしゃべりしながら撮影することがあるのですが、この小ささだと警戒感を抱かせることなく、ファインダーを除く必要もないので、より近い距離感で撮影できました。

絶妙にチューニングされた使い勝手の良さ

所詮コンデジだしな…という思いもあったのですが、その写りは素晴らしく、ダイナミックレンジの広さにも驚きました。マクロモードも非常に有用で、一台で何役もこなせるカメラというのがまさにピッタリかと思います。

また持て余すことも余裕がないということもない、換算28mmの絶妙な焦点距離も素晴らしかったです。全ての分野で本当にバランスが良いカメラで、いろんな人の願いをよくここまで落とし込んだな…という印象を受けました。

誰でも写真を撮れるようになった時代にぴったりの、初心者さんにも迷わずおすすめできるカメラだと思います。

3つの気になった点

1つ目はシャッターボタンがもう少し存在感があっても良かったのではないか、ということです。

他のボタン類と同じように、ボディ側に沈み込んだボタンをさらに押し込む形なので、シャッターを切ったという感覚があまりなく、シャッター音の静かさも相まって、撮れているかが若干不安になるシーンがありました。

2つ目はバッテリーの持ちです。基本的に液晶で操作するため仕方がないことなのですが、カメラが熱くなりバッテリーが割と早くなくなっていった印象を受けました。

3つ目はダイヤル操作をした時や画像読み込みなど、処理速度の部分での反応が少し遅いのが気になりました。

プラスワンの選択肢

ただ、この価格帯のカメラにここまで求めるのは違うのかなとも思います。コスパとしては最強クラスではないかと思うほどの写りと、機能性の高さでした。

まとめるとメイン使用は難しいですが、サブ機やパッと持ち出す用に一台持っていると心強い!という感覚のカメラでした。

Hiromu Yoneyama

hiromu yoneyama 米山大夢の公式Twitter。主に恋人の写真を撮っていますが、ここではいろんな写真が見れます。

GRへの当初のイメージは「コンデジとしては高性能」程度のものでした。

コンパクトカメラは必要なのか?

正直に言って、私はカメラは大きくても重くても何も問題はないと思っている人間なので、コンデジというものに必要性を感じませんでした。咄嗟に撮るならスマホでいい、くらいに思っていました。

圧倒的質感の良さ

しかしながら、実際に使ってみるとその描写力に驚きました。特に無機物を撮った際の質感は圧倒的で新たなフェチに目覚めてしまったかもしれません。

暮らしに寄り添うカメラ

この描写をポケットに入れて持ち歩けるということの安心感は、カメラをやる人間であればとてもよくわかってもらえると思います。

現代カメラは携帯性というのが一つキーワードになっていると思いますが、あらゆる面を考慮しても「これ1台でいいかな」と思わせてくれる素晴らしいカメラだと思います。

ちょっとコンビニまで、ちょっとタバコ吸いに。こんな瞬間ですらこの性能を持ち歩けるんです。こんな素晴らしいことありません。

写真と暮らしをより密接にする可能性に溢れた機材だと思いました。

総合評価

【デザイン】

無駄がなく、統一感もあり美しい。

【画質】

高画質だと感じます。シャープでクリア。
高感度耐性も十分にあり夜間のスナップでも優れた描写をしてくれます。

【操作性】

片手で全て完結する。考え抜かれたこだわりを感じました。

【機能性】

フォーカスが多少甘いのかなとも思いましたが、私の使い方だとほとんど気になりませんでした

【携帯性】

最高です。よくぞあの大きさに詰め込んでくれたと感動すら覚えます。

【その他】

バッテリーが1つだと辛いなと思いました。

スガマ シュンヤ

しゅんぞー | 株式会社PEACE ACTION | カメラマンとアクセサリーショップオーナーをしております | 福島県在住 | DopeZine | portrait | lifeevent | snap |

GRを使ってみて感じたメリット

持ち運びとフットワーク

ポケットに入るサイズ感でカメラバック無しにすぐに撮影できます。レンズ一体型のカメラなので、レンズ交換の必要が無くカメラ初心者やお子さんを持つ主婦の方もスピーディーに撮影ができるのが良いと感じました。

画質と編集のしやすさ

描写が非常にシャープで撮って出しでも雰囲気のある写真が撮影でき、写真を編集した際にシャープな雰囲気だけでなく、フィルム風の柔らかい表現にも現像できるのが良いです。

カメラとしての機能性

AFがとても早いので、瞬間を切り取るスナップ写真にも最適です。被写体に比較的寄れるのでスナップだけで無く、テーブルフォトやポートレートや風景などどんなシーンにも多用できるのでコストパフォーマンスが良いです。

F8ぐらいに絞った時の解像度が素晴らしく、コンデジですが、すごく細かく設定できるのでカメラ初心者だけでなくカメラ好きの心もくすぐるカメラです。最低開放値がF2.8なのが、暗所でも使えるので非常に便利です。

2点の改善して欲しいポイント

1つ目はファインダーがなく電子のライブビューでの確認になるので、陽が強い屋外では写真のの確認がしづらいのでファインダーをつけて欲しいと感じました。

2つ目は小型ボディで小回りが効くのはすごく嬉しいが、グリップの握り具合が私からすると物足りなく手に馴染まない。

家族にも渡して使って欲しいカメラ

プライベートでサクッと写真を撮りたい時にはすごく便利だと思います。

カメラマン界隈でも評価が高く、GRⅢならではの解像度と小回りが効くボディ設計なのでスナップ向きなカメラだと思います。F2.8なのでポートレートや風景、テーブルフォトにも多用できると思います。

自分も子供が産まれるので家族が撮影する用と自分のプライベート用も欲しいと思えるカメラでした。この度はレンタルする機会をいただきまして、誠にありがとうございました!

最後に

GRⅢのポテンシャルの高さを感じていただけましたか?

サイズ感や画質は言わずもがな、使う人によってどのようにも柔軟に対応してくれるのがGRⅢの良いところかと思います。コンデジだから、スナップは撮らないからではなく、カメラとしてのGRに魅力を感じて使ってくれる方が増えることを願っています。

GRⅢの詳細な機能や性能はこちらからご覧ください。

写真コミュニティ「DopeZineLab」
現在250名以上参加中です! 詳細を見る

関連記事一覧