GRⅢをモデルが使ってみたら、どんな写真を撮影してくるのか?

この度はRICOH様からGRⅢをお借りしまして、「GR女子」という企画をしてみました。

コンパクトなボディにも関わらず、携帯性・高画質・速写性に優れ〝究極のスナップシューター〟として数多くのフォトグラファーを魅了してきたGRⅢ。

ひとたび検索すればその機能について詳細に語られたレビューがたくさん出てきます。しかし今回フォトグラファー以外の手によって撮影してもらうことで、別の角度からGRⅢの魅力を発見することができました。

GR女子とは?

「GR女子」とはRICOH GRシリーズを使った女性にフォーカスしていく企画です。

フォトグラファーだけではなく、写真に感心が深い女性モデルがGRを使った写真を生み出したらどうなるのか。フォトグラファーが撮影した写真とは違った視点の写真やカメラの使い方も自由なのではないでしょうか?

「写真を撮るようになって今まで気づかなかった日常の美しさや面白みに気づくことができた」カメラを手にして間もない頃、このように感じたことがある人は多いかと思います。雨の日の水たまりに別の世界を発見したり、人や車がグラフィックのように目に飛び込んだり‥。

カメラというものが目で見たものを記録する以上の役割を持った夢の機械に思えたものです。しかし、次第に「誰も撮っていないものを撮りたい」「構図は」「ピントは」「光は」と考えるうちに自分がどういうものに美しさを見出し、何を面白がれる人間だったのかを忘れてしまう瞬間があります。

今回は3名の女性モデルの方々が撮影した写真をギャラリー形式でお見せしていきます。是非GRⅢの魅力とともに撮影者それぞれの視点や感性に触れながら、カメラを手にした当時の感覚を思い出してみてはいかがでしょうか。

み 「写真は嘘をつく」

真を写すと書いて写真と読みますが、四方形に切り取られたそれは果たして真実なのでしょうか。

真を写すのが写真ではなく、真実と幻想を混ぜることができるのが写真の魅力だと感じています。

現実世界にいながら、写真の中では冒険ができるのです。

心が動いたその瞬間に少し幻想を足して、未来の自分に残せることは尊いことだと思います。

落ち着いた描写、フィルム風の現像が合う

小型で軽量なのでサブバッグやポケットに入れて持ち運べる。使う人の日常に寄り添うカメラだと感じました。

軽快な操作性と駆動、サイズ感が使いやすく、、現在、本当に購入を検討しているところです。

GR3は単焦点ですが、クロップで35mm、50mm画角に切り替えてくれる機能もとても便利でした。あとマクロモードでかなり近くまで寄れるのも使っていて面白かったです。思った以上に背景をボカすことができて気に入りました。

ボディが真っ黒で、無駄のない無機質かつ洗練されたデザイン。スナップしていても目立たない点が魅力的です。

GRの描写や色は落ち着いていて、良い色が出るなぁと思いました。そのままの色味でも綺麗だし、フィルムっぽい現像も意外と合います。夏晴れの空も飛ばず、鮮やかな青色が出た時は感心しました。

バッテリーもうちょっと持って欲しいなぁとか内臓フラッシュ欲しかったなぁとかはありますが、要望は本当にそれくらいで他は素晴らしいカメラでした。

freelance model / Japan 展示などのお知らせと、気まぐれで投稿します。

ai  「unstable」

街の人々に紛れる私はその街によって印象が異なる。余所者であり、住民。ふとした時、多くの顔を持つ私は本当の私なのかとても不安になる。

きっとそこに存在しているのは確かだが、不安定な存在。

誰も本当の私を知らない。

機械音痴でも扱える操作性

コンパクトデジタルカメラと聞くと、”安くて古いカメラ” と言うイメージでした。コンデジを使うくらいならスマホでいい、そう思ってました。

GRⅢは軽くて持ちやすいのでスナップがしやすく、操作もシンプルで機械音痴の私でも操作しやすかったです。

カバンにすぐ入るから買い物ついでに撮ったりできるし。

気づいたらほぼ毎日持ち歩いてました。

ai 美術モデル/ポートレート/被写体/168cm//爬虫類、カエルが好きです。

羽野ふうな  「自然のかたち」

自然の生み出すシルエットは美しくて大好きだ。

水滴、植物。光と影。雲や動物の造形、風や水の動き。
そんなシルエットを表現するためにモノクロで現像した。
身の回りには自然が作り出した造形美がたくさんある。

感覚を研ぎ澄ませば、どんな些細のものも愛おしく感じる。
カメラは人間にとって第三の目だ。手に持つだけで感覚が研ぎ澄まされる。

いつもと少し違う世界へ連れて行ってくれる。

自然の繊細さを写すことができる

自然のなかにある形は様々で、その細部を繊細に写すことのできるカメラがGRでした。

道端で見つけた小さな蝶々を撮ったときにそこで活躍するのがマクロモードです。マクロモードって小学生の頃に使ってたデジカメ以来だなぁ、懐かしいなぁって思いながら撮ったらまぁ〜すごい。めっちゃ細かいやん、何コレ。AFで?嘘やろ?と感動する私。マクロモードめっちゃすげえです。

羽野ふうな 19歳🐣156cm¦大阪美マージュ所属¦撮るのも撮られるのも大好き

GRⅢ 写真ギャラリー

上記3名に加えて、高野みいさん・nolさんの作品も含めたGRⅢの写真ギャラリーをご覧ください。

最後に

GR女子という、女性がGRⅢを使った写真というのもかなり新鮮だったのではなないでしょうか?

気軽に使うことが可能で女性が持っても荷物になりにくい。そんなGRⅢをもっと多くの人に使ってほしくあります。

煌めきの瞬間を探し求めない 

イメージだけを追い求めない 

平凡は平凡なままに 

心の動きに正直に目の前の今を切り撮る。

RICOHのホームページに掲げられている言葉が、今回のギャラリーを見た後すっと心に入ってくるかと思います。 自分にとって撮影行為とは何であるのかを見つめ直す、原点に立ち帰ることができる、そんな一台になるはずです。

写真コミュニティ「DopeZineLab」
現在250名以上参加中です! 詳細を見る

関連記事一覧