【スマホで簡単!】フォトグラファーおすすめのカメラ・編集アプリ5選

はじめまして、田舎で淡い色の景色を撮っている ameiro (@raincolor12) です。

最近はパソコンを使わなくても、iPhoneやAndroidで簡単に写真の編集が可能になりましたね。

ですが、
写真の編集アプリってたくさんあり過ぎてどれがいいか分からない。
いつも同じアプリしか使っていないけど、今ので満足しているから他のはいいや。
そう思っている方も多いのではないでしょうか?

かく言う私も5年ほど、ずっと1つのアプリだけを使ってきました。他のアプリも使えた方が便利なのだろうと思いつつ、慣れたものから他のものに移行するのが面倒だったのです。

しかし、最近ついに重い腰を上げて他のアプリにも挑戦するようになったところ、途端に表現の幅が広がり、写真の世界がより楽しくなりました!

皆さんも表現の幅や写真のクオリティを上げるために、使ったことのないアプリにチャレンジしてみませんか?

この記事では、iPhoneやAndroidで使えるおすすめの撮影・編集アプリを使用例を交えて紹介していきますので、少しでも参考になれば幸いです。

おすすめカメラアプリ5選

Lightroom

プロのカメラマンも使っている本格的な画像編集アプリです。

トリミングや角度変更といった基本的な機能はもちろん、露光量、色温度、明瞭度、かすみの除去など様々な編集メニューが揃っているため、写真全体の雰囲気を他のアプリと比べてかなり繊細に調整することができます

ただメニューが多い分なかなか操作に慣れないので、納得のいく編集ができるようになるまで私の場合は少し時間がかかりました。

とは言っても、ある程度自分の編集パターンが決まってくればオリジナルプリセットも作成できますし、一度使えるようになったら手放せなくなる最強のアプリです。

画像の管理能力も優れています。編集した画像をアプリ内に保存すると、どのような編集をしたか(補正数値等)も一緒に記憶されるため、後日もう一度その続きから編集を再開することができます。画像のフォルダ分けも可能です。

今回は、暗めに写ってしまった2枚の風景写真の明るさと色味を調整してみました!

《 Before 》

画像4

《 After 》

画像3

《 Before 》

画像1

《 After 》

画像2

VSCO

写真に様々なフィルターをかけられるアプリです。
こちらもLightroomと似た機能があり、お気に入りのフィルターに加え明るさや色合いの補正も組み合わせて、オリジナルの編集レシピを保存することができます

無料で使える範囲だと10種類のフィルターまでしか使えないのですが、有料のVSCOメンバーシップに登録するとなんと200種類まで増えますし、編集レシピを保存できる数も1種類から10種類までグレードアップします。

またSNS機能も付いており、編集した画像を投稿できるのはもちろん、Instagramよりも本格的に写真を撮っておられる方が多いので、他のユーザーの方の投稿を見るのもかなり勉強になります。

今回は無料で使えるプリセットを紫陽花の写真に当ててみました。

《 Before 》

画像1

《 After 》プリセット「C1」を使用
紫陽花の青色がより強調され、コントラストがはっきりしました!

画像2

Dazzカメラ

80年代のフィルムカメラをイメージして作られた、非常に「エモい」写真や動画が撮れるアプリです。

18種類のカメラと9種類のビデオが内蔵されていることが特徴(一部有料)で、カメラによってはレンズも変えられるので、お好みの「エモさ」を選択できます。

ノイズや光漏れなどフィルムカメラならではの写りが違和感なく再現され、フィルム風の多重露光撮影や多重露光編集も可能です(2枚まで重ねられます)。

今回は2種類のカメラを使って、過去に撮った写真をフィルム風にしてみました。

《 Before 》

画像5

《 After 》カメラ「D Classic」を使用。
味わいのある光漏れが出ています!

画像6

《 Before 》

画像9

《 After 》カメラ「Inst C」を使用。
懐かしいチェキ風の写真になりました!

画像10

PicsArt

SNS機能付きの、写真の加工・創作メニューが非常に充実したアプリです。

ステッカーの貼り付けや文字入れができたり、ペイント機能を使って自由に絵が描けたり、複数の画像を重ね合わせる多重露光編集もできます(10枚まで重ねられます)。

多種多様なメニューが揃っているので、自分の「こんな作品を作りたい!」というイメージが実現しやすく、操作も単純明快で分かりやすいです。

写真を加工してアート作品を作りたいときや、Instagramにオリジナルの凝った画像を載せたいときにも便利。

完成した作品をアプリ内で投稿すれば、他のPicsArtユーザーに見てもらうこともできます。

今回は2枚の写真を使って多重露光編集を行い、ついでにお洒落なポスターのイメージで文字も入れてみました!

《 Before 》

画像5

《 After 》

画像4

Focos

「もっと背景をボケさせたい」
「撮った写真のピントがずれていた」
「スマホで撮った写真を一眼レフで撮ったようなクオリティにしたい」
そんなときにおすすめの、撮影した写真のF値(絞り値)を簡単に調整できるアプリです。

出先で一眼レフを持っておらずスマホで撮るしかない!というときでも、このアプリがあればスマホでは出せないボケ感を後から演出することができます。

今回はiPhoneで撮影した写真の背景をボケさせてみました。

《 Before 》カフェで咄嗟に撮った一枚です

画像1

《 After 》パフェにピントを合わせ、F値を3.5に調整。綺麗にボケ感が出て、被写体が引き立ちました!

画像2

まとめ

以上、iPhoneやAndroidで使えるおすすめカメラアプリ5選でした。

1つのカメラアプリで撮影から編集まで行うのもいいですし、撮った写真をLightroomである程度編集してから他のアプリで再度編集をかけると、よりクオリティの高い写真が作れます

気になるアプリが見つかった方は、ぜひ一度インストールしてみてください。

The following two tabs change content below.
ameiro
ameiro
淡い色・可愛い景色を撮っています
ameiro
写真コミュニティ「DopeZineLab」
現在250名以上参加中です! 詳細を見る

関連記事一覧