カメラを買ったら押さえておきたい3つの基本機能

こんにちは、kaiです。

カメラを買ったばかりの方の中には、

「憧れのカメラを買ったけど、使いこなせない」
「ブレていたり、真っ白になってて上手く撮れない」
「そもそも何から勉強すればいいのかわからない」

とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スマホのカメラとは違い、一眼レフやミラーレスには設定できる項目がたくさんあるため、カメラを初めて持つ方は使いこなすことに難しさを感じられるかもしれません。

そこで今回の記事では、カメラを買ったばかりの方に向けて、覚えておきたい3つの基本機能について解説します。

表現をコントロールする3つの機能

カメラを始めてすぐは、何をどう設定していいかわからなくて戸惑ってしまいますよね。

まずは、以下の3つの機能について理解を深めましょう。

・絞り値(F値)
・シャッタースピード
・ISO感度

これらの機能は、写真の明るさやブレ、ボケ感をコントロールするもので、自分が表現したい写真を撮るために必要不可欠な機能です。

それぞれの機能がどんな役割を担っているのか、詳しく解説していきますね。

絞り値(F値)とは

絞りは、レンズに取り込む光の量を調整する機能のことです。

絞りを調整すると、レンズの中の絞り羽根と呼ばれる部品が動き、光を通す穴を大きくしたり小さくしたりします。

どれくらい絞っているかを数値として表しているものが絞り値(F値)です。

カメラ上では「F8.0」や「F5.6」、「F1.8」のように表示されていますね。

絞りには以下のような特徴があります。

写真のボケ感をコントロールする

「人物や花にだけピントが合っていて背景はボケている。」

このような写真を撮りたくてカメラを買った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

被写体の前後のボケ感をコントロールすることが絞りの役割で、絞り値を低くすると写真がボケやすく、逆に高くすると写真全体にピントが合いやすくなります。

以下の3枚の例では、奥のカーテンから手前の机の木目までボケ感が変わっていくことが確認できるでしょう。

写真の明るさをコントロールする

絞り値を高くするとレンズ内の絞り羽根が絞られ、光を通す穴が小さくなり、光量が少ないため写真も暗くなります。逆に、絞り値を低くすると絞り羽根が開き、光量が増えて写真が明るくなるという特徴があります。

シャッタースピードとは

カメラにはイメージセンサーという部品が搭載されており、そのセンサーの前にシャッターという部品が取り付けられています。

カメラは、設定された秒数だけシャッターを開き、イメージセンサーに光を当てることで写真を撮影しているのです。このシャッターの開く秒数をシャッタースピードでコントロールしています。

カメラ上では、「ss 1/125」や 「ss 1/3」などのように表記されていますね。

写真の動きをコントロールする

シャッタースピードが速くなると、素早く動く被写体をピタッと止まっているように撮影することができます。

逆にシャッタースピードが遅くなると手ブレが発生してしまったり、動いている被写体がブレて写ったり線になったりしてしまいます。

手ブレを防ぐためには三脚を使って撮影するか、シャッタースピードの分母の値を自分がつけているレンズの焦点距離より大きい数値に設定して撮影しましょう。

例えば焦点距離50mmのレンズを付けている場合は、1/50 よりも大きい数値に設定することで手ブレを起こしにくくすることができます。

シャッタースピード:1/60 車が止まって見えます。
シャタースピード:3秒 写真下部の光の線は、車の残像です。

以下に、シチュエーションごとにオススメなシャッタースピードの一覧を用意したので撮影の際の参考にしてください!

明るさもコントロールできる

シャッタースピードは、絞りと同じく写真における明るさをコントロールする役割も担っています。

シャッタースピードは高くすると写真が暗く、低くすると写真が明るくなります。

ISO感度とは

ISO感度は、センサーに当たった光を増幅させて、写真を明るくするための機能です。

カメラ上では、「ISO 100」や「ISO 3200」のように表記されますね。

設定できる値はメーカーや機種によって変わりますが、ISO 100〜25600の間で設定できるカメラが多いです。

絞りやSSを変えずに明るさを調整できる

ISO感度の役割は、絞りやシャッタースピードを変えずに写真を明るくすることです。

暗い場所で撮影する場合、絞りを開けたりシャッタースピードを遅くしたりすることで、取り込む光の量を多くする必要があります。

しかしISO感度を上げると、光の量を増幅させて写真を明るくすることが出来るため、絞り値やシャッタースピードを変更する必要がありません。

ボケ具合やブレやすさを変えずに写真の明るさを調整したい時に、ISO感度が活躍します。

ISO感度を変更する時の注意点

写真を自由に明るくすることが出来るISO感度ですが、感度を上げすぎてしまうとノイズと呼ばれるザラつきが発生してしまい、写真の画質が低下してしまう特徴もあります。

ノイズの出やすさは機種やメーカーによってまちまちですが、センサーサイズの大きいカメラの方が発生しにくいです。

上の写真を拡大して比較しています。

ノイズをなるべく少なくする方法

ノイズは、ISO感度が高ければ高いほど発生しやすくなりますので、最初は低い数値で設定してから撮影してみることをオススメします。

シチュエーション毎のオススメISO感度を以下に記載しておきますので、この数値を基準に調整してみてください!

まとめ

カメラには様々な機能がありますが、今回紹介した3つの基礎知識があれば、自分の思い通りの写真が撮れるようになれるはず。

これらの知識を身につけて、素敵な写真ライフを送ってください。

The following two tabs change content below.
kai
kai
写真も撮れる副業ライター|IT系の記事が得意
kai
写真コミュニティ「DopeZineLab」
現在250名以上参加中です! 詳細を見る

関連記事一覧