A、S、Mモードって何?初心者向けにカメラの設定について解説!

「初心者はとりあえずAモードで撮るのがおすすめ」
「子供や飛行機、鳥とかを撮りたいならSモード」
写真上手くなりたいならMモード」

カメラを始めたての方はこのようなアドバイスを貰うこともあると思います。

でも、それぞれのモードの名前は知っていても、具体的にどんな違いがあるのかイメージしにくいですよね。

そこで今回は、各モードの特徴を説明した上で、写真を撮る際に知っておきたい3つの数値について説明します。

各モードについての解説

まずは、各モードの特徴についてご紹介します。

Aモード(絞り優先モード)
F値を自分で決めてボケをコントロールできる
Sモード(シャッター優先モード)
シャッタースピードを自分で決めて写真内の動きをコントロールできる
Mモード(マニュアルモード)
F値とシャッタースピードとISO感度を自分で決める

各モードには上記のような違いがあり、目的に応じて使い分けることができます。それでは、F値・シャッタースピード・ISO感度についてもう少し理解を深めていきましょう。

AモードはF値を設定してボケをコントロールする!

F値とは、レンズ内の「絞り」と呼ばれる機構の絞り具合を表す数値で、センサーが受ける光の量を調整することで「明るさ」と「ボケ感」が変わります。

Aモードは、このF値だけを自分で設定して、それ以外の設定をカメラに任せるモードです。

F値が低いと被写体の前後がボケやすくなり、写真が明るくなる
・F値が高いと全体にピントが合いやすくなり、写真が暗くなる

といった関係性になります。

Aモードを使う時におすすめの設定!

ボカした写真が撮りたい場合は、小さいF値にしましょう。

木の幹にピントが合い、前後のお花はボケていますね。

写真全体にピントを合わせたい場合は、F8以上に設定しましょう。

F値を上げると、木の幹にピントを合わせても前後のお花までクッキリと写っています。

暗い場所でAモードを使う時の注意点

AモードはF値をコントロールできても、シャッタースピードとISO感度はカメラにお任せになっています。

その結果、暗い場所でF値を高く設定した場合、シャッタースピードが遅くなりすぎてブレた写真になってしまったり、ISO感度が上がりすぎて画質が荒い写真になってしまう場合があるので注意しましょう。

Sモードはシャッタースピードを設定して写真の動きをコントロールする

カメラは、レンズから取り込んだ光を本体内部にあるセンサーに写すことで、その光の像を「写真」として記録します。その「センサーに光をどれくらいの時間写すのか」を決めるのがシャッタースピード(SSと略します)です。

Sモードはシャッタースピードだけを設定して、それ以外を全てカメラに任せるモードになります。

・SSが高い(シャッターが早い)と被写体がブレにくく、写真が暗くなる
・SSが低い(シャッターが遅い)と被写体がブレやすく、写真が明るくなる

シャッタースピードには上記のような関係性があります。

Sモードを使う時におすすめの設定!

シャッタースピードを低く設定しすぎると、被写体がブレてしまったり手ブレを起こしやすくなったりしてしまうため、以下の数字を目安に設定することをおすすめします。

手ブレしたくない→レンズの焦点距離と同じ速度を意識する

例えば焦点距離35mmのレンズだった場合、どんなに遅くとも1/35 以上に設定して撮影すると手ブレが発生しにくくなります。

歩いている人や風に揺れる花など、遅めに動いているものを撮る場合:1/125以上

鳥や電車、子供など早く動いている被写体を撮る場合:1/500以上

Sモードを使う時の注意点

SモードもAモードと同様、暗い場所で撮影しようとした場合、F値が小さくなり写真が意図せずボケたり、ISO感度が上がりすぎて画質が荒くなったりと、想定外の設定になっている場合があります。

被写体の動きだけでなく、写真のボケ方や画質等も全てコントロールしたい場合はMモードを使って撮影してみましょう。

Mモードは、写真の全てをコントロールする

Mモードは、F値とシャッタースピード、ISO感度の全てを自分で設定するモードです。

写真のボケ感、明るさ、被写体の動きの全てをコントロール可能なため、自分の思い描いた写真を撮ることができます。

「撮影しながら3つの数字を操作する」と考えると初めは難しく感じられるかもしれませんが、慣れればそうでもないので気軽にトライしてみましょう。

そもそもISO感度って何?

ISO感度は、写真の明るさをコントロールするための役割を担っています。

具体的には、カメラが取り込んだ光を増幅して、暗い場所でも明るく撮れるようにするための機能です。

Mモードでなら自身で設定することができ、「暗い場所だけどF値を小さくしたくない!」「シャッタースピードを遅くしたくない!」といった場合に活用します。

ただしISO感度を上げると、写真全体が明るくなる代わりにノイズと言われるざらつきが写真に現れるので、できるだけ小さい数字に抑えるのがおすすめです。

写真における3つの数値

カメラは、F値・シャッタースピード・ISO感度の3つの数字を調整して写真を撮ります。

それぞれの特徴を以下におさらいします。

F値の特徴

F値が低いと被写体の前後がボケやすくなり、写真が明るくなる
・F値が高いと全体にピントが合いやすくなり、写真が暗くなる

シャッタースピードの特徴

・SSが高い(シャッターが早い)と被写体がブレにくく、写真が暗くなる
・SSが低い(シャッターが遅い)と被写体がブレやすく、写真が明るくなる

ISO感度の特徴

・ISO感度が高いと写真が明るくなり、ノイズが出やすい
・ISO感度が低いと写真が暗くなるが、ノイズが出にくい

まとめ

A、S、Mモードについて解説しましたが、どのモードを使う時でもそれぞれの数値がどう設定されているか確認しておくことが大切です。

Aモードなら、シャッタースピードを意識してブレない写真になっているかどうか。
Sモードなら、F値を意識して思い通りのボケ方をしているかどうか。
どちらのモードでも、ISO感度が高くなりすぎていないかどうか。

全ての機能を理解して、思い通りの写真を撮れるようになりましょう。

The following two tabs change content below.
kai
kai
写真も撮れる副業ライター|IT系の記事が得意
kai
写真コミュニティ「DopeZineLab」
現在250名以上参加中です! 詳細を見る

関連記事一覧