iPhoneの初期機能だけでフィルム風の写真にする方法

世間では若い人々を中心とした80・90年代へのリバイバルブームで、フィルムカメラで撮った写真が大流行中。

しかし「撮ってみたいけどフィルムカメラはよく分からない……」という方、かなり多いのではないでしょうか。そこで今回はiPhoneのデフォルトの編集ツールのみを使い、撮った写真をフィルムカメラで撮ったような写真する方法をご紹介します。

フィルム写真の特徴

光の特徴

まずはフィルム写真についての前提おさらいから。

フィルム写真は質感が特徴です。
まず露出(光の話)の質感に着目していくと、一番明るいハイライトと呼ばれる部分は白く飛んでしまいがちです。

逆に一番暗い黒レベルと呼ばれる部分は黒く潰れがちです。

そしてそのハイライト部分に着目すると、白く飛んでしまうこと以外にも光がふわっと滲んでいます。

フィルムカメラは基本的に古い機材で、代のデジタルの機種よりも本体・レンズともに逆光耐性が弱いためです。

解像感

そして次は解像面についてです。

先にあるようにフィルムカメラはレンズに関しても現代の最新機種よりも解像感が低いです。そのためピント面も少し解像力が低く、甘い描写になっていることが多いです。

またデジタルでは見られない粒子が載っていることも特徴です。そこにどこかノスタルジックな印象があるのかもしれません。

色味

色味もデジタルと異なり、特徴があります。
この色味に関しては、フィルムによってかなり変わります。

例えば写ルンですはくすんだ緑色が暗い部分に入っているのが有名です。

撮影の基本

水平垂直を保つ

写真編集の前にまず撮影の基本的なところを押さえていきましょう。
最初は「水平垂直を保つ」ことです。

初心者の人はまず水平垂直を意識してみましょう。特別なスキルはいらずに写真をすっきりさせることができます

斜め、下からあおり気味になど様々なアングルがありますが、まずは一番基本的なところから。

グリッド(格子)を表示


水平垂直を意識する際、カメラの設定からグリッドの設定をしてみましょう。
「設定」から「カメラ」を開き、「グリッド」をオンに。

このような格子が表示される。

グリッドを表示させることで、線に合わせて水平垂直を簡単に保って撮影ができます。

また格子点に被写体を置く三分割構図といった様々な構図にチャレンジすることもでき、上達へのステップアップにつながります。

フィルム風にする編集

編集開始

実際にiPhoneで撮影した夕焼けの写真を使っていきます。
カメラロールから画像を開き、編集をタップします。
すると多くの項目が現れますが、今回使う機能を選び出しました。

・露出
・ブリリアンス
・コントラスト
・ブラックポイント
・彩度
・暖かみ
・色合い

前半4つが質感、そして後半3つが色味の調整項目です。

質感調整

まず露出(光の量)をプラスにします。今回は+50ほどにしました。

そしてブリリアンス。これは暗い部分の暗さを明るい部分に応じて変えられます。+50

次はコントラストです。フィルムの特徴としてコントラストが高いことがありましたね。
ここでもコントラストを上げていきます。今回は+17に。

質感の最後はブラックポイントです。これは写真の一番暗い部分ですが、フィルム写真は暗いところは黒つぶれしやすいため、ここはマイナスにして潰していきます。−20に。

ここまでをまとめると

・露出+50
・ブリリアンス+50
・コントラスト+17
・ブラックポイント−20

現時点で質感まではフィルムっぽくなってきましたね。

色味調整

色味の最初は彩度についてです。質感調整で彩度が下がってしまっているため+20
そして次には暖かみです。好みにもよるのですが、今回は夕暮れということもあり、暖かみを+35

そしてフィルムの最大の特徴でもある、色入れです。
色合いというパラメータは緑か紫に色味を寄せることができます。今回はフィルムでよくある緑色に寄せていきたいと思います。色合いを−40へ。

色味の調整をまとめると

・彩度+20
・暖かみ+35
・色合い−40

フィルムライクな写真の完成

編集前の写真
編集後の写真

いかがだったでしょうか。
質感と色味に分けて調整していくと、iPhoneの初期編集機能のみでも十分フィルムのような写真にすることができます。質感・色味どちらに関しても人それぞれに好みがあるので、自分に合うものをぜひ試してみてはいかがでしょうか?iPhoneからエモーショナルな写真を撮っていきましょう!

The following two tabs change content below.
イノウエ
イノウエ
Photographer| 心を温める、そんな日常の写真を撮っています。
イノウエ
写真コミュニティ「DopeZineLab」
現在250名以上参加中です! 詳細を見る

関連記事一覧